クレジットカード会員になればあの舞台やあのテーマパークをお得に楽しめる

クレジットカードに加入することでお得なサービスを受ける事ができます。その1つに挙げられるクレジットカード会社が三井住友カードで会員になると宝塚歌劇団などのエンターテイメントチケットを他よりも早く手にする事ができたり、優待割引公演も観覧できたりとお得感満載なのです。また関西のテーマパークUSJのチケットも割引価格で手に入れる事ができるので、USJ好きには堪らない特典となっています。クレジットカードを手にするとお得に舞台観覧やテーマパークで遊ぶ事ができるのですから嬉しい限りです。またゴルフ好きの男性にお勧めしたいのが日本のゴルフ場の予約代行サービスです。平日に限りますが、およそ700コースの中から選んで予約を代行してくれるのです。

買い物と同時にクレジットカードを作成する

新生活のために家具や家電を買い揃えていました。机やベッド、テレビ、冷蔵庫など、必要な物は一通り現金で購入できました。本当はパソコンを購入したかったのですが、お金が足りないので諦めていました。しかし、家電量販店で新品のパソコンを見ているうちに欲しくなってしまいました。クレジットカードを持っていれば購入できますが、この時は持っていませんでした。そのため、購入は諦めていましたが、購入と同時にクレジットカードの申し込みをすれば、分割払いできると販売担当の方に教えてもらいました。できるだけ負担を減らしたかったので、支払いは12回払いにしました。店頭にてクレジットカードの作成とパソコンの購入を同時にできたのは助かりました。

複数枚保有していたクレジットカードを1枚に絞る

以前までは3枚のクレジットカードを保有していました。年会費無料のカードが2枚、年会費が発生しているカードが1枚です。3枚のクレジットカードを作成した理由は、インターネット経由で申し込みを行うと買い物に利用できるポイントを獲得できたからです。しかし年会費無料のクレジットカードを1枚だけ使用している状況でした。そのため、もう1枚の無料のクレジットカードと年会費が発生しているクレジットカードを保有している意味はほとんどなかったです。年会費を支払うのが勿体無いですし、管理が面倒なので、思い切って複数枚保有しているクレジットカードを1枚に絞りました。結果、管理が非常に楽になったので、良い決断だったと判断しています。

クレジットカードは紙一重

私は、クレジットカードは一枚しか持っておりません。何故ならば、引き落とし日がバラバラになるのが嫌だからです。今、持っているカードは年会費はありますが、電子マネーにチャージできるカードなので便利です。とはいえ、使いすぎには困りものです。カード然り、電子マネー然り、お金を使っている、という感がなくて、請求金額に驚くのもしばしばあります。それでも貯まったポイントを電子マネーに交換できるシステムはとても魅力的です。これに何度救われた事かわかりません。それでも現金じゃないと駄目なお店も未だ多々あり、引き落としでほとんどの現金が持っていかれるとキツイです。そうならないようになるべく、いつもにこにこ現金払い、にしたいものですが、手持ちの現金が心ともなく、結局カードを使ってしまい、負のスパイラルになっているのも確かです。いい加減、貯金しないといけないとわかっていながら使ってしまうカードは便利ですが、困りものでもあります。

節度を守れば、こんなに便利なものはありません

私はクレジットカードに対して、夢を叶えてくれる魔法のカードだと思っています。と言っても、無策に使用し続けて破産に追い込まれてしまうなんて愚かなことはしません。あくまでも自分の収入や預貯金額を加味した上での使用になりますので、その部分はきっちりと管理できていると自負しています。私がそのように思うのは、欲しいと思った時にすぐにその物を手に入れることが出来るからです。常に手持ちの現金が十分なわけではありませんし、大金を持ち歩くのはリスクがあるような気がして躊躇してしまいます。しかしクレジットカードであれば持ち歩いていても危険性は少なく、また手持ちの現金が無くても欲しいものを購入することが出来ます。まるで未来の道具のような感じですよね。節度さえ守れば、こんなに便利なものは無いですよ。

クレジットカードを利用目的やシーンによって使い分け

クレジットカードはこれ迄に、何枚も作ってきましたが、実際にお財布に入れて日常的に持ち歩いているのは3枚。利用目的やシーンによって、その3枚を使い分けています。一番使う頻度の高いクレジットカードは、ガソリンスタンド系のカード。いつも利用しているガソリンは、コスモ石油でコスモ・ザカードを利用することで、いつでもリッター2円引きです。メール会員の場合、スタンドから送られてくる暗証番号を入力することで、更に1円引きとなり大変お得に給油が出来ています。後の2枚は、銀行系のクレジットカードと、楽天カードです。街中での買い物などで、1回払いやボーナス一括払いで支払い予定のものは、銀行系のクレジットカード、リボ払いにしたい場合には、楽天カードを使うことにしています。楽天カードは、数年前に「リボ専用カード」にしたことから、利用シーンで、支払い回数を1回としておいても、自動的にリボ払いとなるというものなのです。1回払いなどしか受け付けていないお店などで使っても、確りリボ払いとなってくれるのが便利なところです。本来何枚も使い分けると、支払日の違いや、返済額が嵩むことにも繋がるのですが、お得な部分や、使い勝手の部分を上手に利用するのが良いのではないでしょうか。

クレジットカードを2枚保有して便利な通販生活

クレジットカードを2枚保有するようになり、便利な通販生活を実現できています。まず、1枚目のクレジットカードを作成したのは、通販での買い物が多くなったのが理由です。店舗での買い物は現金でも不便はありませんが、通販での買い物になった場合、現金だけでは不便に感じていました。そのため、年会費が無料のクレジットカードを適当に選んで作成しました。ところが、作成したクレジットカードを使用できないことがありました。なぜなら、クレジットカードにはブランドがあるからです。ブランドについてはよく理解していなかったため、使用できない店があることを知りませんでした。そこで、別ブランドのクレジットカードを作成し、現在は2枚のクレジットカードを保有し、便利な通販生活を送っています。

頼りになるのがクレジットカードです

職業柄、急遽飲みに行くということが多い私ですが、その際に一番困ってしまうのが手持ちの現金についてですよね。当たり前の話ですが、外で飲む場合は必ずお金が必要になります。今時ツケでOKという寛大な店も少なくなりましたからね。そのため、私は財布の中にいかにお金を確保しておくかが大切だと思っていたのです。しかし、いつでも飲みに行けるだけのお金が入っているわけではありません。当然、その前に何かでお金を使ってしまっていることもあります。そういった場合、お金が無いから飲みに行けないなんて恥ずかしいですよね。そこで強力なバックアップとなってくれるのがクレジットカードなわけです。これであれば現金は必要ありませんし、ツケになることもありません。安心して飲みに行くことも出来ますので、私は今やクレジットカードに頼り切りの生活になっていますね。

クレジットカードと特典について

クレジットカードを作るさいには色々と選ぶポイントがありますが、二枚目のカードを作る際にはそういった点で選んでも良いかなと思いました。一枚目は比較的鉄板なクレジットカードでしたが、二枚目は特にポイントバック系のものを選ぼうとしたので、それで入会時の特典としてポイントが大量につくものでもいいかなと思ったので、その辺から選ぼうかなと思いました。この手のポイントバックがあるものとしては楽天カードや三井住友VISAカードと優秀なクレジットカードがあるので、色々と比較した結果よくインターネットでの買い物として使うようとして楽天カードを作ることにしました。二枚目として持っている人も多いみたいですし、入会時だけでなく結構な頻度でポイントキャンペーンをやっているので、年会費無料ということもあってこちらを使うことにしました。やはり買い物特化としてポイント還元が大きいものは使いやすいなと感じました。

考え方を変えてクレジットカードを所有するように

クレジットカードを所有することに対しては実際のところ、クレジットカードを所有するまでは毛嫌いのようなところがありました。実際にクレジットカードを持ち、その便利さから何であんなに否定的だったのだろうかと考えるくらいですが、そもそもお金を借りる行為というものが、やはり古い人間と言うこともあり中々と手を出すことができなかったんです。もし何かあればどうなるんだろうか?もし返済できなければなどマイナス思考的な考え方をしてしまうところもありますが、そもそもマイナスに考えることは何でも同じことだし、実際に最近のクレジットカードも銀行との提携のものが多いので、私的にも考え方を改めてクレジットカードを所有するようになりました。